ラベル

2018年1月7日日曜日

釣り初めはボーズ

明けましておめでとうございます。
今年もボチボチ程々に更新してまいります。

今年一発目の釣りは仁淀川の河口に行って参りました。

厳しい冷え込みで水面からもやが上がる

久しぶりにウェーダーまで引っ張り出して臨みましたがダメ。
ベタ凪で釣りはしやすかったですが、ベイトの気配が無いとどうにも・・・
回遊待ちはやはり足繁く通わないと無理ですね。
近所の人が羨ましい。

2017年12月24日日曜日

釣り納めに初物

 11月初旬の宇和島遠征から2か月近く釣りに行っておりませんでした。
これだけ長く釣りに行ってないのは久しぶりであります。
その間に季節は移り、気づけば真冬になっておりました。

少しでも水温が高い場所のほうが良かろう?
という単純な思考で、今年最後の釣行は高知の海へ遠征となりました。
まだ見ぬブリやヒラメを夢見て深夜ドライブ・・・2時間。
0時ごろに仁淀川の河口に到着し、夜明け前まで仮眠していざ出撃。


生憎の曇り空・・・ということは絶好の釣り日和ですね~。
風も弱い追い風、波も穏やかということで、非常に釣りしやすい環境でありました。


太平洋の日の出が見られないのが残念・・・

釣り人の数はまばら、海にベイトの気配なし。当然ボイルもなし。
今年最後はボーズで終わりかな~・・・・

60gの安いジグを適当にぶん投げてただ巻き・・・と、前触れなく魚がヒットしました。
(正直、まったく期待しておりませんでした。サーフでいい経験がないため)

青物だと思って強引に巻いて、アッサリ浜にずり上がってきたのは・・・
50㎝ほどのヒラスズキでした。


綺麗な魚。思いがけないヒラスズキ、初めて釣りました。
・・・ヒラスズキよね、たぶん。
少し小さいですけど、せっかくの初物だし釣り納めということで。
晩のおかずになっていただくことになりました。
その後も一回何か重いアタリがあったのですが、残念ながら乗らず。
朝8時ごろに波も高くなってきたので納竿としました。


この魚はウマかろう~刺身と塩焼きで頂きます。


今年の釣りは終わり。

来年は、いよいよボート操船デビューとなります。
実は釣りに行けなかったのは、小型船舶免許を取っていたのも原因です。
お高い免許費用は釣行回数を減らして捻出・・・


まぁ講習受ければ誰でも簡単に取れるんですけどね。
実技講習の日、海が大荒れで船が流されて難しかった・・・いい経験でした。

これからはショアだけでなく、沖へもポイントを探りに行ける・・・
オラわくわくすっぞ!

2017年11月5日日曜日

強風の中、修行

 10月はあまり釣りに行けてない人が多いのではないでしょうか・・・

なぜか週末になると台風が接近する月でしたからねぇ。

しかし今週こそは、釣り出来る!
久々の晴れだし。しかも三連休ですよ!
まぁ金曜は会社の飲み会で行けなかったけど・・・
土日は釣り三昧でしょ~。
よっしゃ、また宇和島に行ったるで~。


そして待ちに待った土曜日、未明に現場に着いてみたら・・・また爆風ですやん。
北風でめちゃくちゃ体が冷えるし。
お天道様、勘弁して・・・

丸一日ジグとエギを投げるもラインが流されて釣りにならず・・・
体も冷えてきて、アタリも無いし・・・・ツライ。
しかし、どうにかして一匹でも魚を拝んで帰りたい。せっかく宇和島まで来たんやし。
細糸ならちっとは底をとりやすいかな?
エギングロッドのPEは0.8号、これでどうや・・・
苦し紛れに45gのタイラバを投げてみたらこれが大正解だったようで。


なんかポンポンと4匹釣れました。ビックリ。
ショアからのタイラバでサイズも40アップだし、4匹釣れたのも初めて。
そんでもって、日が完全に沈んで真っ暗な中でもガンガン食ってくるのね・・・
まぁ一番大きいのは養殖脱走兵だったけど。

タイラバはタングステンの45gの丸餅型のノーブランド・・・丸ちゃんとかいうヘッドに
オレンジのストレートネクタイだけ付けたシンプルな仕掛け。
1秒1回転半くらい?かなり早巻でした。

今回の釣行でタイラバに少し自信が持てました。
怪我の功名というべきか・・・でも本当は青物(カンパチ)釣りたかった!

帰り際、津島やすらぎの里でのんびり温泉に浸かって温まりました。
もう11月・・・早いなぁ。そろそろカワハギも狙ってみようかね~。

2017年10月15日日曜日

釣りたい気持ちが暴走

なんか今年は香川県側でも青物がよく回っているらしい。
荘内半島周りから西。室本かな・・・箱も行くか・・・
どうしようか迷った挙句、出した答えが

宇和島に行く

もう我ながら意味わからんっす。
選択肢に無かったのに、気づけば高速に乗ってるという。
カンパチの引きを味わって以降、宇和島依存症みたいになってます。
でもそれやったら安戸池という選択もあるけども・・・
ぶっちゃけ釣れんしなぁ。あそこは自分には難しすぎる。
いずれ安戸池でも一匹は釣っておきたいなぁ。

今回は遅めの出立だったので、宇和島に着いた頃には真っ暗。
小雨まで降りだしました。予報ではしばらく雨続き。

雨の中でイカを釣った経験が無い自分、ほとんど諦めて適当に投げてた・・・


たぶん300gくらい?
この後もう一杯追加。500gくらい。

夜21頃で周りには人っ子一人いない。
みんな雨だから早々に諦めて帰っちゃったんだろね~フフフ(´艸`*)
(自分も諦めて車に引っ込む直前だった)

まぁその後は続きませんでした。
翌朝の青物も不発でした。撃投ジグが2個海底に没しました。
・・・がっくし。



秋イカ・・・にしては立派ねぇ。
胴長20㎝はあるやな。


今年でイカ捌きもだいぶ慣れました。
来週は雨続きだろうし家でノンビリかな~。

2017年10月8日日曜日

雨後の宇和海に挑んだ結果

 また遠征してきました。
いつもの土日をまたぐ日程でエギ、タイラバ、ジグで挑みました。
前日に雨が降っており、向かう途中にも激しい雨が降っていたので厳しい予感はしてました。
が、予想以上に渋かった・・・そして人が多かった。


今回の獲物はこれだけ。
夕マズメに気まぐれでショアからタイラバを投げてたら、32㎝のイトヨリダイ。
初めて釣ったので少しうれしい。
45gのタングステンヘッド+カーリーコーラに食いました。

深夜のイカは全く反応無し・・・夜明け前、起き抜けにやっと一杯。
早朝の青物も今回は不発でした。数投しかできず・・・

三連休の中日で人が多すぎました。
浮きサビキをしてる隣の人の糸がしょっちゅう、表層で大きく流されて、自分とこまで弧の字になるのですよ。
そんで隣が浮きを回収しようと竿を上げると、自分の正面にでっかい「つ」の形の水しぶきが上がるわけですな。
オイオイ勘弁しちくれよ~ってな感じです。
さすがに途中から気を使ってだいぶ潮上のほうに投げるようにしてましたけど。
そのサビキすら一匹も釣れない状況。こりゃ厳しい・・・撤収。

次も同じような状況ならしばらく遠征やめよう。
ショアのタイラバが気になってきたし。

イトヨリダイは釣ったとき水面でアミを吐いていたので、すぐ腹を裂いて洗っておいた。
アミの匂いがする魚は嫌じゃ~。


白身で水っぽくて柔らかい。
フライか焼きもので食します。

2017年9月30日土曜日

9月30日宇和島遠征

 金曜日が臨時休業、そして給料が出た! こりゃ釣りに行くしかねえ!
ということで、また宇和島まで遠征してきました。

夕方ショアジギ~深夜エギング~車中泊~早朝ショアジギという日程でした。
目的地は宇和島の南の方の漁港。堤防からあたり一面に養殖生簀が見渡せる場所です。
餌木の人は多いが、ジグを投げてる人は少ない・・・
穴場かもしれないので詳細は伏せますが悪しからず。

以下回顧~

到着する頃にはすでに日が暮れ始めていた。
既に堤防に人が結構いる。平日やのに。みんな竿をヒュンヒュンいわしてる。

すぐジギの準備をして堤防の上から一時間ほどジグを投げるも不発・・・
一回だけフワッと怪しい感じがあったが乗らず。イカか?

日が沈み切ると、人もほとんどいなくなったので餌木にチェンジ。


飯休憩をはさみつつ3時間ほど投げて秋イカ4杯・・・これは多いのか少ないのか?
秋は数釣りができるなんて・・・そんな簡単とも思えないのはまだ下手だからかな。

しかし寒い!予備の服を上から着ても、風が予想以上に冷たくて体が冷えた。
車内でリクライニングを倒し震えつつ就寝・・・寝袋持ってくりゃ良かったなぁ。


翌朝5時。まだ暗い中、車から這い出て、朝の青物を迎え撃った。
ワンピッチからロングジャーク、ジャカジャカ巻きに変えたときにがっつり食ってきた。


日の出時間ちょうどに釣れた。48センチ。このサイズだとネイリ?
コルトスナイパーMHにストラディック4000XG、PE2号リーダーフロロ8号。
このサイズだとタックルが勝ちすぎてて楽に引っこ抜ける。
そして撃投ジグレベルはよく釣れるね~。全色揃えたくなる。

もう一匹付いてきてたのが見えたけど、このあとは続かなかった・・・

帰りは気分良し。自分としてはボチボチ満足いく成果なのだった。


晩飯には新鮮なアオリイカとネリゴの刺身。最高。
ネリゴはこのサイズでも脂が程よく乗りウマい。アオリイカも甘い。
刺身の写真も撮っておけば良かった・・・

来月も宇和島通いは続きそうだ。

2017年9月13日水曜日

大物にハマリつつある

 ずいぶんブログを放置してたが、その間も釣行は重ねていた・・・というか。
やっぱり日記やら出納簿などのコツコツ継続モノは苦手なのだ。
釣りだけは続くけども。毎日じゃないからかな。

盆休み 68cmのカンパチ
目方は不明

ショアジギはカンパチ狙いになった。
アオリイカは2キロオーバーが目標。

たまたまでも、一回大物が釣れてしまったら。
また釣りたいと思うのが釣り人の性というものだろう!

狙うポイントは自宅からかなり遠い。週末や連休に片道3時間かけて行く。
愛媛の佐多岬から宇和島、愛南まで巡ることもある。

5月頃 初の親イカ
上げてみれば2キロを超えていた

またリールが一個増えそうだ。
竿がコルトスナイパーだしやっぱシマノ統一だわなー。
ツインパワーSW・・・高っ・・・・給料日まで我慢ガマン・・・